【外国株】SBI証券で取り扱われていない銘柄を取引可能にしうる方法

広告

はじめに

 SBI証券は様々な国の外国株を取り扱いできる反面、取り扱っている銘柄数は現地の証券会社や日本国内の特定国の株に特化した証券会社にはかなわない、などと考えていませんでしょうか?

 私もつい先日まではそのように思っていていました。

しかし、「総合証券会社だから仕方ないか」とすぐに諦めたり、泣き寝入りしたりする必要はありません。あなたの希望を100%かなえる保証はできませんが、まだできることはあります。

広告

 そこで、今回はその具体的な方法と成功事例について紹介します。

 (なお、以下の画像はすべてSBI証券のウェブサイトから引用・編集したものを用いています。)

「外国株式銘柄リクエスト」の活用

操作方法

 現地に良さげな銘柄で買いたいけど、SBI証券の外国株式の画面からティッカー検索をしても、取り扱っていない旨の画面が出ることがあります。
そのようなときは「外国株式銘柄リクエスト」機能を活用してください。

(1) トップ画面から外国株式「取引」のラジオボタンを押す。

(2) (上部の)「投資情報」タブをクリックしたのち、(右上側にある)「外国株式銘柄リクエスト」のリンクをクリックする。

(3) 「銘柄リクエストフォーム」に必要事項を入力する。

 例: ベトナム株、VINACAFE BIEN HOA JOINT STOCK COMPANY(ビナカフェ・ビエンホア)、ティッカー名VCF

広告

 まず、事前に現地証券サイト等を使用し、銘柄に関する基本情報を入手する(今回の場合、「ベトナム株・経済情報」(VIET KABU)から入手)。

・リクエストしたい国:タブからベトナムを選択
・銘柄:英語で VINACAFE BIEN HOA JOINT STOCK COMPANY と入力するか、またはビナカフェ・ビエンホア)
・ティッカー・コード:VCF

(4) 「確認」ボタン(緑色)を押す。

(5) しばらく(一週間くらい?)待った後、外国株式の画面からリクエストした銘柄検索を行う。
・表示された場合:採用
・表示されなかった場合:不採用(この場合は本当にあきらめるしかありません)

注意事項

(1) 「確認」ボタン上部の※印に記載されているとおり、リクエストが反映されたか否かに関するSBI証券からの回答は一切ありません。
(2) 一度、銘柄リクエストを出すとしばらくリクエストが受け付けられなくなります(つまり、立て続けに連続でリクエストを出すことができません)。
 もし、2つ以上の銘柄をリクエストされる場合は、「リクエスト銘柄を増やす」のリンク(「その他を選択された方はこちらにご記入ください」の欄の左下にある青字)を押すと、2つ目以降のリクエスト画面を出すことができます。

(このような画面が出たら、しばらくの間、銘柄リクエストができなくなります。)

成功事例

 私は2020年12月上旬の海外ニュース番組でベトナムがコーヒー豆生産世界第2位であることを初めて知ったことがきっかけでコーヒー生産関連銘柄を調べましたが、その時点ではSBI証券で取り扱っていなかったため、同月中旬に上記のとおり
銘柄リクエストをしました。

 その後、2020年年末、外国株式画面から何となく再度銘柄検索を行ったところ、表示されました(つまり、リクエスト内容が採用されたということを意味しています)。

その後

 東京マーケットワイド(TOKYO MXテレビ)の情報から今のベトナムは海運も好調であることを知り、あわせて、最近のアジア経済ニュース(NNA ASIA)(*)から、ベトナム・マリタイム・コーポレーション(ティッカー名: VIMC)も良さげと思い、年末に再度リクエストしました。

* 「海運ビナラインズ、新ブランドをVIMCに」(2020/12/17)

 結果は2021年の年が明けてしばらくしてからになりそうです。

まとめ

・SBI証券で取り扱われていない外国株の銘柄を取引したい場合は「外国株式銘柄リクエスト」を活用する。
・リクエスト銘柄が2つ以上ある場合は、極力同時にリクエストするのが良い。

Let’s try anyway. とにかくやってみよう。
(ただし、投資は自己責任でお願いします。)

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

作成者: 飛ばない鳥

第2の人生を始動。フルリモート勤務・テレワークの環境を利活用し、スキルアップ(主に語学)と副業の本格化を企んでいます。 - 座右の銘: 人生は闘い, この世は情報戦, 上流をつかめ - 感銘を受けた名言(迷言?): 無から有はうまれない, こころの定年 その他、私に関するキーワードは次のとおりです。 ・投資・資産形成/運用(オプション取引を除く) ・乗り物系、一般の方があまり経験しない環境での仕事の経験 ・上記に関する資格 ・転職経験 ・研究(理系、修士課程時の内容について, 第一著者として査読付き英語論文2本掲載・公表済)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA